ADC NEWS

歯周病は、日本人の『歯を失う』原因の第1位でもあります。虫歯で歯を失うリスクよりも高く、30歳以上の約80%の方が患っていると言われます。特に症状がないまま歯周病が進行して、本人が気が付く症状が出た頃には、歯ぐきが退縮したり、歯を支える歯槽骨が溶けていたり、最悪の場合には、抜歯する必要があったりします。このようなことからサイレントディシーズ(静かなる病気)とも呼ばれています。また、人類史上最も感染者数の多い感染症とされてギネス記録にも載っています。

歯周病の原因

歯周病の原因はプラークです。
プラークとは、細菌の塊で、1/1000グラムの中に、1億を超える細菌がすみついています。

歯みがきが充分でないと、
歯垢(プラーク)や歯石が歯と歯ぐきの境目に繁殖します。

細菌が産生する毒素によって、歯肉が腫れたり歯の表面からはがれてきて、
歯と歯肉の間にすきま(歯周ポケット)ができてきます。
またプラークの中の細菌などは、唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合して、
歯石という軽石のような硬い物質として歯の表面に付着します。
細菌はこの歯石を足がかりにして、
さらに歯周ポケットの奥深くへと繁殖していきます。

怖い歯周病菌

歯周病には、歯周病原菌といわれる細菌が関わっていると考えられています。おもな歯周病原菌にはP.g.菌(Porphyromonas gingivalis)・A.a.菌(Actinobacicclus actino-mycetemcomitans)・P.i.菌(Prevotella intermedia)・B.f.菌(Bacteroides forsythus)・T.d.菌(Treponema denticola)など

とくに細菌の名前は覚えなくてもよいのですが、このほかにも数十種類もの細菌が歯周病との関連を疑われており、他の感染症のように1種類の細菌が感染して起こるようなものではないようです。

歯の周囲の歯ぐきで増殖した細菌は、毒素を作り出し、この毒素によって歯ぐきに炎症が生じて、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなってきます。ここから歯周病が進行して、歯と歯肉との間に隙間ができる歯周ポケットという状態を作ります。

この歯周ポケットの中は、歯周病の病原菌の繁殖しやすい酸素の少ない状態であるため、歯周病原菌の繁殖はさらに進むことになります。そして何よりも怖いのが、歯周病原菌の毒素は歯を支える歯槽骨を溶かしていき、歯を支えていた組織が少なくなり、歯がグラグラしてきたり、歯が抜け落ちたりします。

歯周病にかかりやすい状態

どのような状態が歯周病にかかりやすいのでしょうか

歯周病にかかりやすくなる4つの因子が知られています。

微生物因子(歯周病菌)

さきほどのプラークの中の歯周病の原因となる微生物(歯周病菌)の存在

環境因子

・喫煙
・口の中の清掃不良
・初診時のポケットの深さ
・プラークの付着量
・ストレス
・口腔清掃教育の達成率
・食生活・専門医への受診回数 など

またプラークの溜まりやすい、歯に合っていない不適合な被せ物があることなども含まれます。さらには、口呼吸の人、これは口の中の粘膜や歯ぐきが乾燥しやすくなり、炎症を起こしや少なります。

宿主因子

・年齢
・人種
・歯数
・糖尿病
・歯肉滲出液中の物質
・白血球機能
・遺伝 など

よく歯を磨かなくてもむし歯や歯周病にかかりにくい人がいます。その理由のひとつには、生まれつきの私達の体の特徴があります。例えば、体を守る防衛軍である白血球などの力、すなわち体の免疫機能の違いもあります。

咬合因子(環境因子に含む場合もあり)

悪いかみ合わせ(外傷性咬合)、例えば歯ぎしり(ブラキシズム)や歯の食いしばりなど、歯に強い負担がかかる状態などが含まれます。

これらの複数の因子が重複することで、歯周病発症の危険性が高まります。さらには、歯みがきを怠る口の中の清掃不良に加え喫煙などの生活習慣、過度のストレス、体調不良による宿主(体)の抵抗力の低下などが加わるととても歯周病のリスクとしては危険です。

規則正しい生活習慣は、歯周病を寄せ付けないためにも大切な事です。

ホーチミンのありが歯科で歯周病予防でできること

ホーチミンのありが歯科では、歯周病の予防に力を入れております。歯の磨き方から歯のクリーニング、歯石除去そしてPMTCを行っております。また、歯周病の方には専門的な手術も行っております。そして、3か月に1度の定期検診をお勧めしております。