ADC NEWS
ホーチミン ありが歯科での歯周病と喫煙

タバコは「百害あって一利なし」といわれるほどで色々な病気を引き起こす原因だといわれています。「タバコの三悪」と呼ばれるニコチン・タール・一酸化炭素があり、ほかにも200種類ほどの有害物質が体内の取り込まれることによって、歯周病を進行させるほか治癒の遅延を招くと言われています。
たばこ1本から出る煙の中には平均で、ニコチン0.1~2.0mg、タール10mg、一酸化炭素 20~30mgが含まれています。

タバコの三悪

1.ニコチン

ニコチンは青酸に匹敵する毒性を持ち、極めて短時間に吸収されます。脳に広く影響を与えることにより、依存症を引き起こす原因にもなっています。ニコチンには、中枢神経興奮・抑制作用や、血管収縮、心拍数増加などを引き起こす作用などがあり、現在では依存性薬物と認められています。

2.タール

タールには発がん作用があり、ベンツピレンをはじめとする多くの発がん物質を含んでいます。粘質性が高く、水にほとんど溶けないため、歯面や気管、気管支、肺などに沈着すると、体外に排出されにくくなります。

3.一酸化炭素

一酸化炭素のヘモグロビン結合力は酸素の 200倍以上あることが知られています。たばこの煙に含まれる一酸化炭素が酸素の運搬役であるヘモグロビンを「横取り」してしまうことにより、体内はいわば酸欠状態となって、動脈硬化そのほかの引き金となるのです。

タバコが歯や口腔内にあたえる影響

タバコは、歯と口腔に大きな影響を与えます。まず口腔・咽頭がんの発生率が3倍になります。また、タバコと口腔のガンには、密接の関係があります。口腔ガンは喫煙率に比例するように男性が女性の3~4 倍も多くかかります。口腔ガンの中でも最
も多く見られるのが、舌ガンで、次が口腔底ガンになっています。そのほか、口蓋、唾液腺、頬粘膜などにもガンが発症します。

さらには歯周病(歯ぐきの病気)にかかる率も高まり、しかも重症に進行する率が5~7倍になるというデータもあります。さらに口臭の原因になったり、歯を汚したり、味を感じる細胞(味らい)を刺激して食べ物の味わいを妨げる原因になったりします。

タバコが歯周病を進行させるわけ

タバコを吸っていると、ニコチンの作用により、毛細血管を収縮させてしまいます。その結果、毛細血管の血流が悪くなり、タールが歯や歯茎に付着することで、歯のまわりの組織の細胞の炎症を治す働きが弱くなります。喫煙によって体内のビタミンCが大量に消費されるため、さらなる免疫機能の低下を招きます。

タバコは、からだの免疫能力を低下させるだけではありません。歯周病菌の毒性を高め、体を守る働きや、自己修復する働きを弱めてしまいます。

ホーチミンのありが歯科が説明する歯周病進行

さらに浅い歯周ポケットの中でも、病原性の高い歯周病菌が繁殖するリスクが高くなります。

タール(ヤニ)が歯面に付着することで、歯周病の原因となる歯石がつきやすくなるため、症状が進行しやすくなるのです。

体、歯、歯ぐきにとってはタバコは病気を引き起こす大きな原因となってます。