ADC NEWS

ホーチミンで普段生活する上で何もなくても急に親知らずが腫れてきて痛みが出たり、口が開かなくなるくらい腫れてしまったりと親知らずのトラブルはよくあります。実際、多くの方がホーチミンで滞在中にこの親知らずの炎症などでご相談されています。

そして中でも今まで抜かなければいけないと歯医者さん、歯科医に言われながらも親知らずを放置して、ついつい抜歯から逃げてきてしまい、ホーチミンで滞在中に親知らずが痛くなったという方も多くみられます。

親知らずに関しまして『抜いた方が良い親知らず』と『抜かなくてもよい親知らず』はどのようになっているのでしょうか。また、親知らずを抜いた方が良い場合どのような注意が必要かをホーチミンのありが歯科が説明させていただきたいと思います。

親知らずとは

親知らずとは奥歯の一番奥に生えてくる第3大臼歯(3番目の臼歯)のことであり、すべて生えると上下で4本になります。親知らずを含めると歯は全部で32本生えるということになります。永久歯はだいたいすべて15歳前後までにすべて生えそろいますが、親知らずだけは10代後半から20代前半くらいに生えてきます。そのため「親に知られずに生えてくる」という意味で「親知らず」と呼ばれています。

『抜いた方が良い親知らず』と『抜かなくてもよい親知らず』

歯医者さん、歯科医院で『抜いた方が良い親知らず』と『抜かなくてもよい親知らず』はどのような違いがあるのでしょうか。

もちろん親知らずの痛みという点で見てもよいのですが、一番大切なことは親知らずが生えている位置に問題があると思います。親知らずが斜めに生えてたり、横になっていたり、歯の列から大きく外れてしまってる場合、ブラッシングができないことで歯ぐきが腫れてしまったり、虫歯になってしまったりとすることが大きな原因です。

『抜いた方が良い親知らず』

抜いた方が良い親知らずと考えられるのは次の通りです。

1.他の歯に迷惑をかける

親知らずが単体で悪くなってくれればまだ良いのですが、多くの場合、隣の歯までも虫歯を作ったり、歯周病になったりとすることが多いです。前にある歯をしっかりと残すためにも親知らずを抜いてその周りがケアできるようにしてあげることが大切です。

2.斜めや横になって生えている

親知らずが斜めや横になっていることで歯としての本来の機能である噛むということができなくなっている可能性が高いです。そして親知らずが斜めや横になっていることでその隙間に汚れが入り込み見えないところで虫歯や歯周病を進行させている場合が多いです。これは顎の大きさに比べて歯の生えるスペースが少ないため、親知らずが横になったり、斜めになってしまったということです。

3.歯ブラシが届かない

親知らずがきちんと生えていてもお口の中で奥深すぎて歯ブラシが届かないような場合、虫歯や歯周病を作りやすい環境となってます。

4.何度も腫れを繰り返す。

何度も親知らず周りに腫れを繰り返すということは、その親知らず周りの汚れが多くあり、きちんとケアできていないということになります。歯ぐきが被さっていたり、歯磨きがしにくい位置に親知らずがあるせいかもしれません。また、腫れを繰り返すうちに周りの健康な歯に影響を及ぼす可能性もあります。

5.中途半端に歯茎に埋まっている

親知らずが歯茎に埋まっていることでその歯ぐきの中にまで汚れが入り込んでしまっています。その汚れを歯ブラシで取ることは困難で歯ぐきの中で虫歯や歯周病といった歯の病気を引き起こすことになり、歯茎の腫れや痛みなどと伴います。

『抜かなくてもよい親知らず』

抜かなくてもよい親知らずはきちんと生えていて対となる歯(噛み合わせる歯)が存在して歯として機能していることが条件となるでしょう。そのような歯は歯磨きもしやすいため虫歯や歯周病に対してもケアできることになります。そのためには親知らずが生えるための顎の奥行きの広さが必要です。

親知らずを抜かなくてはいけなくなった場合

親知らずを抜かなくてはいけなくなった場合大きく分けて上の歯と下の歯の2つに分けれます。上の歯の場合、歯を支えている骨も柔らかく歯を抜く際にはダメージも小さくなることが多いです。もちろん歯が生えている方向や歯の根っこの形などでそれも変わってきます。

一方、下の歯の場合、歯を抜く際には注意が必要です。特に斜めや横になっているような歯では抜いた後の腫れや痛みも1週間程度続くこともあります。

必ず抜歯しなければならないという訳ではない親知らずのまとめ

ホーチミンのありが歯科では親知らずにトラブルが起きてしまった場合、すぐに対応いたしております。必ず親知らずを抜歯しなければいけないわけではなく、きちんと手入れができる状態であれば歯を残すことができます。しかし、親知らずが斜めや横に生えていたりすると手入れも不十分になり、どうしても他の歯に迷惑をかけることになってしまうことが多いです。このような場合、痛みが出る前に抜歯することをお勧めしております。

もし、抜歯が必要となった場合、ホーチミンのありが歯科では日程や費用に関してもご相談させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010