ADC NEWS

生涯の内で歯を失ってしまう一番の原因の多くがむし歯だと思われる方も多いかと思います。しかし、歯を失う42%の原因は「歯周病」です。歯周病はとても怖い病気で気付かない間に時間をかけて進行し、普段の生活では歯周病と気付かないような症状が多くあり、歯周病としての症状がでる時には、すでに手遅れな場合が多くあります。そして問題なのは周りの歯も歯周病となってしまい、歯が何本も抜けてしまう恐れがある怖い病気です。

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

1.健康な歯茎の状態

健康な歯ぐきは、白っぽいピンク色をしています。健康な歯茎は普段、ブラッシングをしていて歯ぐきから血が出ることないです。健康な歯ぐきには弾力があり、歯ぐきは引き締まっており、歯と歯の間の歯肉(歯冠乳頭部)は、とがった三角形をしています。歯ぐきが健康な状態でも、歯と歯ぐきの間にはわずかな溝が存在しますが、深さは0.5~2mm程度です。

健康な歯を支える骨である歯槽骨は、歯ぐきの上の方まで高さがきちんとあります。 この健康な状態でしたら3か月に1度、歯石取りなど、歯科医院、歯医者さんでのメンテナンスを受ければ、安心です。

2.歯肉炎

歯ぐきに炎症のある状態を指します。歯に歯垢、プラークが付いていると歯茎が炎症を引き起こします。この歯ぐきが炎症した状態を歯肉炎と呼びます。この時点では歯ぐきからの出血は認められることがありますが、歯を支える骨である歯槽骨の吸収は見られないのでしっかりとしたブラッシングで健康状態に戻ることができます。もちろん正しい歯磨きと3か月に一回の歯科医院、歯医者さんでのメンテナンスが必要です。

3.軽度歯周炎

歯の汚れが多くなり、プラークが歯ぐきの炎症を引き起こし、そして炎症がひどくなることで歯石も歯ぐきの中へ作られてしまいます。この歯石にはさらに汚れ、プラークが付きやすく歯周病を進行させます。歯ぐきがやや下がりますがそれほど症状もなく歯周病として進行してきます。ブラッシングでの出血や歯が浮いたような感じが出てきます。ブラッシングだけでは治せなくなってきますので専門的な歯石除去であるSRPが必要になることもあります。

4.中等度歯周炎

歯周病が進行して中期歯周炎になると、歯を支えている骨、歯槽骨が半分ほどまで吸収して、少し歯がグラグラするようになります。また、歯が浮いたような感覚になり、硬いものが咬みにくくなることもあります。歯周ポケットはさらに深くなり、歯と歯肉の間から膿が出てくることもあり、注意が必要です。歯肉が下がって歯が少し長くなってみえることがあります。

ここでも通常の歯石除去だけでは治療は難しいため、歯周病の専門的な治療法であるSRPやフラップオペレーションが必要になることがあります。

5.重度歯周炎

歯のぐらつきが大きくなり、食べ物が噛みにくくなります。この時点ではわかりやすい症状となります。歯ぐきからの出血量も多くなり、膿が出ることもあります。口臭もひどくなり、日常生活にも支障をきたす症状もあります。歯も大幅に長くなってみえます。

SRPだけでは対応できなくなっているため歯周病の手術や再生療法、抜歯が必要となることがあります。

どうすれば治るの歯周病 歯周病の進行のまとめ

ホーチミンのありが歯科では歯周病の予防そして専門的な治療に力を入れています。歯周病を予防するためのブラッシングはもちろんのこと、歯のクリーニングから歯周病の専門的な手術にも対応できる設備と技術を持っています。

ホーチミンで歯周病の不安を感じたらぜひご相談ください

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010