ADC NEWS
マウスピース矯正、ホーチミンのありが歯科の矯正治療

ホーチミンのありが歯科でマウスピース矯正を始めるにあたって気を付けていただきたいことと治療の流れをご説明いたします。

まず、一番大切なことはご自身の歯並びがマウスピース矯正ができるかどうかということです。以前の記事でもご紹介したようにマウスピース矯正ができる歯並びとできない歯並びがあります。

目立たないマウスピース矯正と従来のワイヤー矯正

こちらにはマウスピース矯正で矯正したほうがいい場合とワイヤー矯正で矯正治療した場合の比較があります。

ご自身の歯並びとわかりやすく比べていただくと次の6つの歯並びがマウスピース矯正で矯正治療できます。

マウスピース矯正でできる6つの歯並び

1.叢生 歯がガタガタしている

叢生、歯がガタガタ、ありが歯科の不正咬合

2.空隙歯列 すきっ歯

すきっぱ、ホーチミンのありが歯科の不正咬合

3.上顎前突 出っ歯

出っ歯、ホーチミンのありが歯科の不正咬合

4.下顎前突 受け口

受け口、ホーチミンのありが歯科の不正咬合

5.開口

開咬、ホーチミンのありが歯科の不正咬合

いずれの歯並びも歯並びの程度によりマウスピース矯正で矯正治療ができない場合があります。または、マウスピース矯正で治療はできますが治療回数がかかることもありますので一度ご相談に来ていただくとわかります。相談料は無料です。

マウスピース矯正で治療するにあたって次の手順で治療していきます。

手順

1.ご相談日のご予約

  予約制となっておりますのでご予約はLINE@またはお電話にてご連絡お願いします。

日本語専用ダイアル 090-418-6480

LINE@ 

ありが歯科のLINE@QRコード

2.ご相談

  歯並びを実際に見せていただきおおよその治療回数、治療期間、費用、簡単なマウスピースの取り扱いなどを説明させていただきます。この時、正確な治療費など知りたい場合は歯の型を取らさせていただき、おおよそ1週間後に正確なお見積もりをメールにてご連絡差し上げます。この時点でお返事いただけたら最短で型取りした日から11日後から治療のスタートできます。

そのまえに治療計画(ビフォアーアフター)である動画と完成図をメールにてお送りいたします。

3.治療開始

  治療開始時には、マウスピースの取り扱い、装着時間、清掃方法、次のご予約のタイミングなどをご説明させていただきます。

4.2回目のご予約

  前回の治療開始時から17日後に2回目のご来院をしていただきます。その時には新しいステップのマウスピースの型取りをします。

5.これらの繰り返しの治療

  3,4の治療を繰り返してご来院いただきます。

ご予約日が多少遅れてずれても問題は少ないのですが、治療期間が延びることになります。

ホーチミンのありが歯科でマウスピース矯正を始めるにあたってのまとめ

ホーチミンのありが歯科でマウスピース矯正を始めたいまたは始めようかなと悩まれている方は、まずはご相談のご予約を取ってください。マウスピース矯正で治療できるかどうかという点がありますのでまずはご相談を!