ADC NEWS
歯が崩壊

ジルコニアオールセラミックスクラウン

最近、各方面でよく耳にするようになったジルコニア。現在、歯科業界で使用されているジルコニア(ZrO2)は、ダイアモンド類似石として使われるジルコン人造ダイアモンドと同じ元素で強さと美しさを持つ素材です。

金属のような強さを持っており、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として歯科医療でも使われるようになりました。そして日本国内においては2005年に認可がおりており、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。またジルコニア単体でも広くクラウンやインレーの材料としても歯医者さん、歯科医院でよく使われております。

ホーチミンのありが歯科でできるジルコニアオールセラミックスクラウン

ジルコニアオールセラミックスクラウンの安全性

ジルコニアは金属イオンの溶出がないため、生体親和性に優れ、金属アレルギーの方にも安心できます。もともとジルコニアは、医科の分野で人工関節などでも長期の実績があり、多くの毒性試験や生体親和性試験をクリアしています。

ジルコニアオールセラミックスクラウンの強度

従来、使われてきたオールセラミック(60~80MP)と比較して10倍以上の硬さ(900~1,200MP)があり強度面に関しても全く問題ない事が言えます。セラミックが割れたやかけたなどといった心配もなくなることでしょう。

そしてホーチミンのありが歯科が使うジルコニアは優れた曲げ強度によって大きな力を拡散させる作用を持っているのでしなりがあり簡単に割れたり欠けたりしません。

安心できるオールセラミックの治療のまとめ

ホーチミンのありが歯科ではジルコニアオールセラミックスクラウンをうまく使うことにより、強度面や審美面でも機能面でも優れたセラミックス治療ができると考えております。

このジルコニアオールセラミックスクラウンを形成(歯を削ること)して型取りしてセラミックスを作るのも日本人技工士との連携があってホーチミンでも作ることができます。