ADC NEWS

ホーチミンやベトナム滞在中にもし、歯のトラブルである『歯ぐきが腫れた』、『歯が痛い』、『詰め物取れた』、『噛むと痛い』などの歯の問題を抱えてしまった時、日本の歯医者さん、歯科医院で治療するのか?それとも ホーチミンの歯医者さん、歯科医院で治療するのか?という悩みを持たれる方も多いと思います。そのような時はこちらを参考にしてみてください。

日本で歯科治療するのか?ホーチミンで歯科治療するのか?

歯のいろいろなトラブルや症状は歯科治療費の面や通院回数、治療期間、緊急性この3つによって判断していただくことが良いと思います。ホーチミンのありが歯科ではホーチミンでの皆様の『かかりつけ歯科医』としてホーチミン滞在中に歯のトラブルがありましたらどんな些細なことでもご相談や治療をすぐさま対応いたします。

1.日本とホーチミンを比較した治療費

2.治療期間で考える

3.歯の緊急性で考える

この3点で日本とホーチミンで歯科治療を受ける場合について考えます。

1.日本とホーチミンを比較した治療費

日本の場合、健康保険の治療制度のため世界的に見ても安く医療が受けられます。歯科治療でも健康保険が使える治療が多く存在します。この治療費の費用面で考えるとベトナム、ホーチミンで外資系や日系歯科医院で歯科治療を受けた場合おおよそ2倍から5倍の治療費になることもあります。これはもちろん日本でも健康保険の負担割合がないためとそのくらい費用がかかります。

一方、日本の自費治療であるセラミックやインプラント、矯正治療などの治療費はホーチミンで治療した場合の方が安くなる場合が多いです。ホーチミンのありが歯科では日本に比べ3~5割ほど治療費が安くなっている治療もあります。

ホーチミンのありが歯科の治療費

しかし、日本の健康保険に加入されていれば、ホーチミンで歯科治療を受けても還付金、給付金を受け取ることができる制度がありますので患者様への費用の負担は少なくなるでしょう。

しかし一旦、窓口で立て替えて頂かないといけないという不便な点もあります。

還付金、給付金につきましてはこちらを参考にしてみて下さい。

2.治療期間で考える

歯科治療はどうしても治療の回数のかかる治療があります。歯科医院、歯医者さんに行くのが1回で治療が終わるような歯のクリーニングなどもあれば、歯の根っこ治療などのように治療回数が3~6回くらいかかる事もあります。日本の平均的な歯科医院、歯医者さんでは1週間に一度くらいの予約で治療されることがあるかと思いますが、この場合、3回の治療でしたら3週間治療期間がかかることになります。日本に3週間滞在できれば良いですが、なかなか時間が取れない様な場合でしたらホーチミンの歯医者さん、歯科医院で歯科治療しないといけないかもしれません。ホーチミンのありが歯科ではあらかじめ治療期間や回数、治療費についてもお話しさせていただいております。

3.歯の緊急性で考える

歯の詰め物が取れてしまってそのまま数か月も放置していたりすると歯にとって良くない場合があります。痛みがその場ではなくても虫歯があったり、歯に食べかすが詰まることで虫歯を進行させてしまう場合もあります。また腫れたり、痛みがあったりとすぐに治療をしないとさらに腫れなどが大きくなる場合もあります。親知らずの腫れや歯の根っこ腫れなどが大きくなり、口が開かなくなることもあったり、炎症が広がり点滴などが必要になることもあります。

そのような緊急性の高い症状の場合はホーチミンの歯医者さん、歯科医院にすぐに受診されるのが良いでしょう。

ホーチミンのありが歯科ではこのような緊急性の高い場合でもすぐさま対応できるようにいたしております。

日本で治療するのか?ホーチミンで治療するのか?のまとめ

日本の歯医者さん、歯科医院で歯科治療する時間が取れなかったり、緊急性の高い治療や痛みが治まらない場合などがあった場合、普段の生活にも支障が出てくることもあると思います。

ホーチミンのありが歯科では、緊急性の高い症状でもすぐ様対応できるようにしております。また日本での治療を望まれる方でも応急処置やどのくらいで日本で治療できるなどのご相談もお受けしております。

お気軽にお問い合わせください

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010