ADC NEWS

ホーチミンに滞在中に銀歯、詰め物、被せ物が取れてしまった時、お困りではないでしょうか?

そのような時、ホーチミンのありが歯科ではすぐに対応できるようにしておりますので、日本語にてご安心してご連絡ください。

090-418-6480 日本語専用

それでは銀歯、詰め物、被せ物が取れてしまった時はどうしたらよいでしょうか?

ホーチミンのありが歯科がご説明させていただきたいと思います。

ホーチミンで銀歯、詰め物、被せ物が取れてしまった時の対応法

1.痛みの有無を確認する

2.取れた銀歯、詰め物、被せ物を保管する

3.無理には銀歯、詰め物、被せ物を戻さない

4.市販の接着剤では絶対つけない

5.そのまま放置しない

6.歯科医院に電話する

1.痛みの有無を確認する

銀歯や詰め物、被せ物が取れてしまった時には痛みの有無の確認することも大切です。歯の神経が生きている状態だと冷たいものや熱いものにしみたりと痛みが出ることもあります。その場合、食事にも影響が出ますし、歯の中に虫歯がある可能性も考えられますので早めの処置をした方が良いでしょう。

歯の神経がない場合、痛みこそありませんが、歯の中で感染して化膿している場合もあります。この場合もレントゲンなどの検査をして銀歯や詰め物、被せ物を作り直す必要も出てきます。

2.取れた銀歯、詰め物、被せ物を保管する

取れた銀歯、詰め物、被せ物が取れてしまった時、中に虫歯もなく、金属の変形もなく噛み合わせもしっかりとしているようならそのまま歯に戻すことができます。そのため取れた銀歯、詰め物、被せ物を大切に保管することでそのまま戻せる可能性もあります。

ホーチミンのありが歯科ではこの場合、虫歯もなければ1,100,000ドンの治療費で歯を戻すことができます。

健康保険の請求に必要な明細書もその場で無料でお作りいたしております。

3.無理には銀歯、詰め物、被せ物を戻さない

無理には銀歯、詰め物、被せ物を戻してしまい、変形したり歯を割ってしま足り、食事中のかみ合わせにも影響するかもしれません。ご自分では無理に戻さない方がよいと思います。

食事中にとれてしまって誤飲されてしまうと危険ですので銀歯、詰め物、被せ物を無理に戻さない方がよいと思います。

4.市販の接着剤では絶対つけない

よく市販の瞬間接着剤などでご自分で詰め物、被せ物を着けてしまった方がいらっしゃいます。これは大変危険でくっつくこともあるのですが必ず、浮いたり、ずれて着いています。歯科で使う専用の接着剤(歯科用セメント)では歯と詰め物や被せ物の厚みができにくい様に作られております。そのため固まった後も浮き上がりがなく装着できます。一方市販の接着剤などでは必ず浮き上がりかみ合わせがおかしくなります。

5.そのまま放置しない

銀歯、詰め物、被せ物が取れたまま痛みの有無に関係なく、放置してしまうと必ず虫歯を作ります。銀歯、詰め物、被せ物がしてあったということは歯を一番表層で守っていたエナメル質がなくなっているため象牙質がむき出しの状態になっております。虫歯の進行を早めてしまうことと歯の神経により近い虫歯を作ってしまう原因ともなります。

6.歯科医院に電話する

銀歯、詰め物、被せ物が取れてしまったらまず、歯科医院に電話し予約をした方が良いでしょう。そのまま放置しても自分で戻すことも大変危険な状態です。

ホーチミンで銀歯、詰め物、被せ物が取れたときのまとめ

ホーチミンのありが歯科ではホーチミンで銀歯、詰め物、被せ物が取れたときにはすぐに対応させていただいております。そのまま銀歯、詰め物、被せ物が戻らなくても何かしらの応急処置や治療をすぐに対応させていただいております。すべて日本語での対応となりますのでご安心してください。

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010