ADC NEWS

多くの人が罹っている歯周病

歯周病は、今や日本人の成人の約80%が感染していて10代~20代の方でも約65%が罹患しているといわれています。この「歯周病」は虫歯同様、感染症でお口の中の細菌が人から人へと感染をしていきます。歯周病は虫歯と違って痛みがなく進行していくので気が付いた時には重症化していることもあります。歯周病は放っておけば悪化して次第に歯がぐらつき、最終的には歯が抜けてしまったり、あるいは抜歯をせざるを得ない状況になってしまったりすることもあります。現在、歯周病の方もこれから歯周病の可能性のある方も正しい知識を身に着けてホーチミンのありが歯科があなたの歯をお守りいたします。

歯周病の症状

多くの歯周病の方に見られる症状ですが、毎日の生活の中で気づきにくいこともあるでしょう。

このような症状があれば要注意です。

1.歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
2.歯ぐきから膿がでる。
3.歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。
4.歯がグラグラと動く感じがする。
5.歯ぐきがむずがゆい感じがする。
6.口臭が気になる。

1.歯を磨くと歯ぐきから血がでる。

歯ブラシの時に歯ぐきから血が出るということは歯ぐきが炎症をしていているということです。これは歯、または歯茎回りの歯の汚れ(プラーク、歯垢)が炎症を引き起こすことがほとんどです。

健康な状態の歯茎では歯ブラシ程度での刺激では出血することはないです

2.歯ぐきから膿がでる。

歯ぐきから膿がでるということは歯周病がかなり進行している可能性が高いです。歯の根っこの病気でもこのような症状になることもありますので注意が必要です。歯周病が進行すると歯周ポケットを作り、ポケット内に溜まった歯垢やプラークから出される悪い細菌が白血球と戦った死骸などが膿として出てきています。歯周病の症状としては危険な状態です。

3.歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。

抵抗力が落ちたりすると歯ぐきに痛みや違和感、そして腫れてしまうことがあります。これも歯周病の症状であり、注意が必要です。もともと歯周ポケットが存在したり、歯の汚れが多くなっていることも原因です。

4.歯がグラグラと動く感じがする。

歯周病が進行すると歯を支えている歯の骨を失っていくことになります。そのため歯を今まで支えてきた量が少なくなり歯のグラグラを感じることになります。

5.歯ぐきがむずがゆい感じがする。

歯ぐきが腫れると歯ぐきがむずがゆい感じがする事があります。これは歯茎が歯の汚れによって炎症している可能性が高いです。親知らず周りの炎症でも起こることがあります。

6.口臭が気になる。

口臭を感じる時は、朝起きたときや空腹時、緊張時などの生理的口臭は考えられます。しかし歯周病により口臭を感じることや指摘される場合も多くあります。歯や舌に取り残している歯垢や歯石の中にいる細菌たちのガスによって口臭が発生されます。

しっかり歯を磨いているのにそのような症状がある場合は、磨き残しや歯周病の進行により細菌が増えていて口臭となっている可能性があります。

どうすれば治るの歯周病 症状のまとめ

ホーチミンのありが歯科が考える歯周病を治すためには、しっかりとした歯周病の検査後、歯周病をご理解していただき、歯周病専門治療を受けていただくことです。

日本人の生活習慣病ともいわれている歯周病であっても多くの方が歯周病の治療を受けたことがないと言われます。それは多くの患者様が歯科医院、歯医者さんなどでクリーニングなどをして歯周病のケアしていると言うが歯の表面上の汚れしかとっていないことが原因の一つだと考えます。また正しい効率の良い歯磨きができていないことも原因だと考えられます。

そこには『もっと歯を磨いてください』などと歯医者さんに言われた経験はございませんでしょうか?もちろん皆さんは歯を磨いていますが肝心な歯の磨き方を教えてくれないのが日本の歯科医院、歯医者の現状です。歯科衛生士などが教えてくれますが実際には歯ブラシのモチベーションを上げてくれるだけのところが多いようです。

ホーチミンのありが歯科では歯周病治療時だけでなく歯のクリーニング、歯石除去時にも歯の磨き方もお話しさせていただいておりますのでぜひご利用ください。

こちらも参考にどうぞ

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010