ADC NEWS

なぜ歯周病は治りにくいのか?

歯周病は生活習慣病の一つであり、様々な要因があり歯の病気である歯周病となってしまいます。

そして歯周病はが治るという状態は、歯周病の「進行が停止」することを「治る」ということです。すなわち歯ぐきの骨が元に戻るのとは違うことなのです。

歯周病が治ると状態は、注意が必要であり、歯周病で一度無くなった骨は通常元には戻らないことが多いのでもし「骨も元通りにする」ことを「治る(骨が量、質とも元に戻る)」とした場合は「治らない(無くなった骨ははそのままなので)」ということになります。

歯周病が治るということの言い方を変えると歯周病の進行が止まり炎症がなくなった状態を指しています

ホーチミンのありが歯科が考える歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は一言で言えば歯周病菌を少しでも少なくしていくことです。それには様々な方法がありますが、歯磨きが一番効果的です。その歯磨き、プラークコントロールができていれば歯周病は治ってきます。

その上でホーチミンのありが歯科では歯石の除去や歯周病の手術、そして歯の汚れ歯付きにくくなるようなお手伝いをさせていただくのが理想であり、歯周病の治療と考えております。

歯周病の検査 SRP

SRP  深い歯石には麻酔を使い歯ぐきの下の歯石を取り除きます。

歯周病のための歯茎の手術

さらに深い歯石には麻酔を使い歯ぐきの手術をします。

ホーチミンのありが歯科が考える歯周病治療で大切なこと

歯周病治療で大切なことは、歯周病の原因除去をすることです。歯周病の原因はプラーク(歯垢)で歯周病菌です。このプラーク(歯垢)を取り除くことが第一の歯周病治療と言えます。決して間違えないでいただきたいのは、歯石を取ることが歯周病治療ではないのです。

正しい歯磨きの仕方はこちらを参考にしてください

しかしながら、もちろん歯石を取ることも歯周病治療にとって大切ですが、プラーク(歯垢)が多く口の中に存在すれば2日ほどで歯石になってしまいます。

プラークを極力少なくすることが歯周病治療にとって一番大切となるでしょう。

ご家庭での歯ブラシが上手になり、プラークが極力少ない状態であれば歯周ポケットへのアプローチも簡単になってきます。特別な治療もいらないこともあります。歯石を取るスケーリングだけでは届かないそして深い歯石とるキュレットだけでは届かない歯石であれば、歯肉のフラップを開け、歯周病の手術が必要となることもあります。
ホーチミンのありが歯科では、歯周病に対して徹底的に治療するため、プラークコントロールから歯周外科手術まで歯周病治療に必要である処置を行っております。

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010