ADC NEWS

口と鼻はつながっているため普段から匂いには慣れてしまっていて自分では匂いに気づかないことも多くあります。鼻は常に自分の口臭に慣れてしまっているため、その慣れが生じて実際に口臭があるのに自分では気づかない事も多いです。

その口臭の原因 実は歯周病かも

口臭の原因は、大きく分けて2つあります。1つめの原因は、内臓など原因が体にある場合で、呼吸器系の病気や消化器系の病気や耳鼻咽喉系や肝臓の病気や腎機能障害や糖尿病消化不良、肝機能低下、糖尿病などが原因と考えられます。
消化不良の多くの場合は、食事で食べたものが胃や腸で停滞して異常発酵することで腐ったようなニオイの口臭があるのが特徴です。そして肝機能低下では、毒素が分解されないためにアンモニア臭がし、糖尿病では、アセトン臭という甘酸っぱいニオイが特徴的となっています。
この事から内臓など体に原因がある場合は、歯科、歯医者さんではなく内科医の受診がおすすめです。

2つめの原因は、口の中に原因がある場合で、「舌苔」と呼ばれる舌の汚れや歯の汚れ(プラーク)、虫歯、歯周病などが口の中の原因として考えられます。「舌苔」とは、舌の表面に溜まった細菌の塊のことで舌の溝が深いこともあり、なかなかこの細菌はとれません

歯周病が原因の口臭

歯周病が進行するほど歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間が深くなってきます。この歯周ポケットは細菌が多く存在する場所となります。そして歯周ポケット内の細菌が増殖すると歯茎に炎症を起こし、出血や排膿を生じることでそれらが口臭の原因となります。

歯周病の説明はこちらからどうぞ

歯周病による歯茎の炎症がひどくなると、歯茎のなかの歯根膜が破壊されて膿が作られます。この作られた膿がニオイの原因となります。一般的に言われているのが歯周病が進行するほど、口臭も強くなっていきます。もちろん個人差はありますが、歯周病がひどくなってくると、話している相手がすぐに気付くほどの口臭ニを発するようになります。

病的口臭の90%以上はお口の中にその原因があると言われています。よってまずは口臭の原因が歯周病なのかむし歯なのか、お口の中を診査・診断して原因を突き止めることが大事となります。。

虫歯が原因の口臭

歯がむし歯になると歯に穴が空きます。この虫歯で空いた穴の中に食べカスやむし菌や他の細菌が溜まることで口臭の原因になります。そして、むし歯が進行していくと歯の神経まで細菌が侵され、神経が死んで腐ってしまいます。この状態を放置していると歯の神経から細菌が多く入り、歯の根の先に膿が溜まる病気(根尖病巣)になり、さらに強烈なニオイを発するようになります。また、過去のむし歯治療で入れた詰め物や被せ物が合っていないと隙間ができ、そこに汚れが溜まります。そこからむし歯が悪化して、さらに口臭の原因にもなることもあります。

その口臭!慣れてしまって気づかないかも?のまとめ

口臭の原因の多くはお口の中に何かしらの疾患があることが多く、その多くは歯周病や虫歯となることが多いです。歯周病や虫歯の原因は食べかすからのプラークとなっています。このプラークを毎日の歯磨きと歯科医院でのクリーニング等で少しでも少なくすることができます。虫歯予防、歯周病予防にしっかりとしたケアが必要です。ホーチミンのありが歯科では歯石除去、クリーニングの際に患者様に正しい歯磨きの仕方を説明させていただき、少しでも歯周病や虫歯予防、口臭予防のお役に立てるようにさせていただいております。

ホーチミンのありが歯科を初めての方はこちらをどうぞ

歯科治療の費用面での不安な方はこちらを参考にしてください。

長期通院が不安な方、治療の痛みが不安な方もお気軽にご相談ください。

ホーチミンのありが歯科

090-418-6480

140 KY CON,QUAN1,

THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH71010